ここから本文です。

  1. ホーム
  2. 府中を知る
  3. 大賀ハス日誌

検索

キーワード入力で
蔵書の検索ができます。

大賀ハス日誌

「府中はハスのメッカなり」これは、ハス博士の大賀一郎博士の言葉です。大賀博士の蔵書は当館に寄贈され、現在では当館の特別文庫の一つ、『大賀文庫』となっています。
当館でも府中市内の蓮池で大切に守られてきた大賀蓮の蓮根と和歌山の大賀蓮保存会からいただいた蓮の実から花を咲かせようと、2007年春より図書館有志で大賀蓮を育てています。
成長記録写真をのせていますので、是非ご覧ください。
 

 


 

大賀ハス日誌 2023年はこちら

大賀ハス日誌 2022年はこちら

大賀ハス日誌 2021年はこちら

 

 

2024年5月19日

今年も大賀ハスの芽が出始めました。

肥料を入れていなくても同じような感じです

<4月20日のハス>

4月10日前後に葉が見え始め、4月下旬では写真のとおりの感じですが、昨年と生長具合に差が無いように見られます。
実は、今年から肥料をよりハス栽培に適したものに変え、3月末に1回目の施肥(肥料を与える)を行っています。しかしこのような状況を考えると、肥料に大した効果は無かったとも言えそうです。
そのため、4月末に行った2回目の施肥では、1回目と比較して約2.5倍の肥料を与えてみました。

するとどうでしょう。ゴールデンウイーク後半に入ったあたりから生長がどんどん進みました。この時点で真ん中の鉢には立ち葉が確認できます。

昨年と比べると1か月相当は生長が早くなったように思います。ひとまずは「成功」と言えそうです。

ここ何年も花が咲いていないことを踏まえ、秋冬の間に大賀ハスの栽培方法について色々と調べてみました。少なからず情報が見つかりはするものの、郷土の森公園のような大規模栽培を前提としたものがほとんどで、当館のような小規模栽培にそのまま当てはめるのは難しい感じでした。
今年は色々調べた結果を踏まえて栽培を行っていますが、実験的な要素をそれなりに含んでいます。正直、肥料が多いのかまだ足りないのかもわかりません。次回の施肥では肥料の量を更に増やす予定ですが、それでどうなるのかは未知数です。

日々の観察を欠かさず、開花目指して育てていきたいと思います。

検索

キーワード入力で蔵書の検索ができます。

ページのTOPへ