閉じる

toTOP

Home > 図書館からの報告 > 大賀ハス日誌

大賀ハス日誌

大賀文庫ゆかりの大賀一郎博士は「府中はハスのメッカなり」とおっしゃっていました。
そこで図書館でも府中市内の蓮池で大切に守られてきた大賀蓮の蓮根と和歌山の大賀蓮保存会からいただいた蓮の実から花を咲かせようと、2007年春より図書館有志で大賀蓮を育てています。
成長記録写真をのせていますので、是非ご覧ください。


2020年8月21日更新
2020年6月3日更新
2020年5月15日更新


>> 大賀ハス日誌 2019年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2018年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2017年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2016年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2015年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2014年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2013年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2012年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2011年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2010年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2009年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2008年はこちら

2020年8月21日


6月以降のハスの様子をお知らせします。
まずは6月から。
雨が続きますが、ハスたちは元気に育ってきました。
左側の種から育てたハスの方が生育がいいようです。

6月2日のハスの様子

< 6月2日のハスの様子 >

左側の鉢

< 種から育てたハス >

右側の鉢

< レンコンから育てたハス >


雨にハスってキレイですね。
そういえば昨年の今頃はこんな花芽が顔をだしていましたが...

2019年5月31日のハスの鉢の様子

< 2019年5月31日のハスの様子 >


今年はまだのようです。期待しつつ気長に待ちましょう。


さて翌週、梅雨の晴れ間のさわやかな朝です。
右側のレンコンから育てたハスも葉が大きくなってきました。

先週より葉が大きくなってきました。

< 6月10日のハスの様子 >


さらに2週間後、郷土の森のハスは開花まっさかりのようですが、図書館のハスたちはあいかわらず花芽の気配がありません。

6月21日のハスの様子

< 6月21日のハスの様子 >

生育のいい左側(種から育てた)のハスの様子

< 生育のいい左側(種から育てた)のハスの様子 >


葉をかきわけて花芽を探すも見つかりません。
なんだか一部枯葉もでてきているし...。どうした!?ハス!!!


さらに、枯葉を取り除きながら見守ること3週間、7月中頃になりました。
ハスたちは花芽が出ないまま、全体が枯れてきてしまいました...

7月16日のハスの様子

< 7月16日のハスの様子 >

左側の鉢

< 種から育てたハス >

右側の鉢

< レンコンから育てたハス >


今年の図書館のハスの花は見ることができなさそうですね。
昨年はキレイに咲いたのに...。

2019年6月19日のハスの様子

< 2019年6月19日のハスの様子 >

2019年6月19日のハスの様子

< 2019年6月19日のハスの様子 >


今回で2020年のハス日誌は最終回です。


今年は開花をみることができませんでしたが、雨にめぐまれ水不足とは無縁の中で、スクスクと育っていました。
来年はキレイな花を見ることができるといいですね。

2020年6月3日


ゴールデンウィークが過ぎましたが、今日もハスは元気に育っています。

5月14日のハスの鉢の様子。すべての鉢から葉が出てきています。

< 5月14日のハスの様子 >


葉がたくさん出てきてハスらしくなってきました。

立ち葉や浮き葉が目立っています。

< 5月15日のハスの様子 >


立ち葉や浮き葉がだいぶ目立ってきました。

5月19日のハスの鉢の様子。左側と右側の鉢で葉の育ちが少し違います。

< 5月19日のハスの様子 >


左の鉢(種から育てたハス)と右の鉢(レンコンから育てたハス)で少し葉の育ちに違いがあるので気になります。

左側の鉢

< 種から育てたハス >

右側の鉢

< レンコンから育てたハス >


今年もハスの花を見られることを期待したいと思います。

2020年5月15日


桜の季節が過ぎ、暖かい日が増えてきました。今年も、図書館で育てている大賀ハスの芽が出てきています。

3月27日のハスの様子。種から育てたハスの鉢(左側)レンコンから育てたハスの鉢(右側)

< 3月27日のハスの様子 >


3月の終わり頃、種から育てたハスの鉢から今年最初の芽が出てきました。一番左側に写っている鉢です。

種から育てたハスの鉢。赤い丸の中にハスの芽

< 種から育てたハスの鉢 >

種から育てたハスの芽 種から育てたハスの芽

< 種から育てたハスの芽 >


4月に入ると、すべてのハスの鉢から芽が出てきました。種から育てたハスの鉢は、さらに多くの芽が出てきていました。先日の大雨のために、前回撮影時より水位が上がっています。

4月17日のハスの鉢の様子。すべての鉢から芽が出てきています。

< 4月17日のハスの様子 >

種から育てたハスの芽。さらに多くの芽が出てきています。

< 種から育てたハスの芽 >

レンコンから育てたハスの芽

< レンコンから育てたハスの芽 >

4月27日のハスの様子。芽が水面から顔を出しています。

< 4月27日のハスの様子 >


10日後、4月の終わりには、芽が水面から顔を出しはじめました。もうすぐ葉が開きそうな鉢もあります。

2019年4月27日のハスの様子。多くの葉が開いていました。

< 2019年4月27日のハスの様子 >


昨年の4月27日には、すでに多くの葉が開いていました。気候の影響か、今年は例年より少し遅い様子です。ゆっくりと成長を見守っていきたいと思います。

昨年は、咲いた花を一輪しか見ることができませんでした。新型コロナウイルスの影響で大変な時期ですが、この困難を乗り越えて、たくさんのハスの花を皆さんと図書館で楽しめることを願っています。

toTOP

toTOP