ナビゲーションを飛ばして本文へ移動します。クリックしてください。

府中市立図書館

HOME > 図書館について > 図書館からの報告 > 大賀ハス日誌 2012

大賀ハス日誌 2012

大賀文庫ゆかりの大賀一郎博士は「府中はハスのメッカなり」とおっしゃっていました。
そこで図書館でも府中市内の蓮池で大切に守られてきた大賀蓮の蓮根と和歌山の大賀蓮保存会からいただいた蓮の実から花を咲かせようと、2007年春より図書館有志で大賀蓮を育てています。
成長記録写真をのせていますので、是非ご覧ください。


2012年8月16日更新
2012年6月29日更新
2012年6月27日更新
2012年6月14日更新
2012年4月26日更新


>> 大賀ハス日誌 2016年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2015年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2014年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2013年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2011年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2010年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2009年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2008年はこちら

2012年8月16日

去る7月1日(日)に郷土の森公園の修景池で「蓮を観る会」が開催されました。

賑わう会場の様子
早朝から多くの方で賑わう会場

大賀蓮の花と蕾

大賀蓮

舞妃蓮と知里の曙の花

舞妃蓮と知里の曙


さて、中央図書館の蓮たちですが・・・

生い茂る蓮の葉

夏の強い陽射しを浴びて、立ち葉が元気に茂っていますが、肝心の蕾は見当たらず。今年の開花はお休みでしょうか・・・

2012年6月29日

いよいよ明後日は郷土の森公園修景池で「蓮を観る会」が行われますね。

2週間前の6月16日、第一小学校隣の寿中央公園ひょうたん池では
舞妃蓮が11個も咲いていました。

舞妃蓮の花
ひょうたん池の舞妃蓮


大賀蓮にもかわいいピンクの蕾がありましたよ。
大賀蓮の蕾


ひょうたん池は府中駅から徒歩5分。
中央図書館からも徒歩7分ほどです。
朝、図書館へ行くついでに蓮を見てからご来館することも可能。
是非、お散歩ついでに池で咲く優美な蓮の花を見に行ってくださいね。


さて、同じ6月16日(土)中央図書館で「蓮」をテーマに
小学生4~6年生対象のブックトーク
「よむよむ探検隊」が行われました。

よむよむ探検隊

蓮の実の命はどのくらい?
花は何日咲くの?
蓮って、野菜だったの?
蓮根は根じゃなくて、茎(地下茎)を食べてたの?
蓮根の穴の秘密は?
府中市郷土カルタの(に)ニ千年蓮の大賀博士って誰?

さまざまな謎が明かされたブックトークでした。

最後に『たねのずかん』に出てくるドングリや
イロハモミジのプロペラのような種、
蓮の実と果托の実物を触った子どもたち。
なかでも果托が人気で「蜂の巣みたい」「すごく軽い」
という感想が聞こえてきました。

蓮の果托など

テーマ「はす ハス 蓮」で紹介した本です。
よむよむ探検隊で紹介した本

『まぼろしの花がさいた』神戸淳吉/作 くもん出版
『満月の夜古池で』坂東眞砂子/作 偕成社
『年とったばあやのお話かご』より"青いハスの花" エリナー・ファージョン/作 石井桃子/訳 岩波書店
『やさいのおなか』きうちかつ/作・絵 福音館書店
『たねのずかん』高森登志夫/絵 古矢一穂/文 福音館書店
『蓮 ハスをたのしむ』北村文雄/監修 ネット武蔵野
『れんこんのあな』かがくのとも  2011年12月号 松岡真澄/さく

当日、「よむよむ探検隊」に来られなかった人も
是非、紹介した本を借りに図書館に来て下さいね。

2012年6月27日

今年の「蓮を観る会」のお知らせです。

第52回「蓮を観る会」ポスター

※ポスターをクリックすると別ウィンドウでPDFを表示します。


第52回「蓮を観る会」

日時

2012年7月1日(日)
午前7時~午前9時(荒天中止)

会場

府中市郷土の森公園・修景池

内容

・花蓮の解説と大賀一郎博士の紹介
 午前7時30分~8時30分
 恵泉女子学園大学名誉教授 箱田直紀氏
・花蓮の実(タネ)の配付(先着50名)
・ポスターの配付(先着50名)
・花蓮の絵はがきの頒布

問合せ

府中市環境安全部環境政策課
(電話:042‐335‐4315)

2012年6月14日

5月の休館日に肥料をやりました。
地中のレンコンの位置を想像しながら、レンコンに直接あたらないよう指で穴を掘って埋めます。玉繍蓮(ぎょくしゅうれん)の土は、水田の土なので粘度が高いです。

レンコンの位置を確認
玉繍蓮の鉢


この肥料、独特のにおいがして、手を洗ってもすぐにはとれません。

肥料を埋める
大賀ハスの鉢


たっぷりの水を注いで仕上がりです。

如雨露で水を注ぐ
大賀ハスの鉢


ところで、今年は大賀ハス開花から60年の記念の年です。図書館では、6月16日にハスをテーマにした小学生のためのブックトーク「よむよむ探検隊」を実施します(対象は小学4~6年生)。ぜひご参加ください。

2012年4月26日

桜通りの桜も満開の頃を過ぎ、若葉が目立ち始めた今日この頃。
今年も大賀ハス日誌を新たに始めますので、よろしくお願いいたします。
昨年はできなかった土の入れ替えを今回は行うことができました。

れんこんから育てた鉢
たねから育てた鉢

入れ替え前の『れんこんから育てた鉢(左)』と『たねから育てた鉢』(右)

左上から時計回りに『玉繍蓮』『たねから育てた鉢』『れんこんから育てた鉢(1)』『れんこんから育てた鉢(2)』
入れ替え後の鉢


今年は昨年見事に咲いてくれたれんこんの鉢を分根して二鉢に、その他にも玉繍蓮(ぎょくしゅうれん)の鉢を増やして4つの鉢を育てることになりました。

玉繍蓮・・・別名 法華蓮。紅色、八重咲き、中輪、花径は15~20cm。花弁数
       は120枚前後。早咲で6月下旬頃から咲きはじめる。中型品種。
       (『花蓮』 府中市 FZ7/479/ハ P. 73 より)

今年も順調に蓮は育っています。
分根した『れんこんから育てた鉢』から芽が出てきました。

平成24年度初芽
今年も大輪の花が咲くことを期待しています。

Copyright © Fuchu City Library 2005-2012. All rights reserved.

ENGLISH 中文 ハングル