ナビゲーションを飛ばして本文へ移動します。クリックしてください。

府中市立図書館

HOME > 図書館について > 図書館からの報告 > 大賀ハス日誌 2010

大賀ハス日誌 2010

大賀文庫ゆかりの大賀一郎博士は「府中はハスのメッカなり」とおっしゃっていました。
そこで図書館でも府中市内の蓮池で大切に守られてきた大賀蓮の蓮根と和歌山の大賀蓮保存会からいただいた蓮の実から花を咲かせようと、2007年春より図書館有志で大賀蓮を育てています。
成長記録写真をのせていますので、是非ご覧ください。


2010年8月31日更新
2010年8月2日更新
2010年7月22日更新
2010年7月15日更新
2010年6月23日更新
2010年6月10日更新
2010年4月7日更新
2010年3月23日更新


>> 大賀ハス日誌 2017年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2016年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2015年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2014年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2013年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2012年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2011年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2009年はこちら

>> 大賀ハス日誌 2008年はこちら

2010年8月31日

8月の蓮の様子

たねから育てた鉢
たねから育てた鉢

れんこんから育てた鉢
れんこんから育てた鉢

蓮の蕾が枯れてからというもの、葉のほうも茶色く蝕まれています。
見るからに元気がありません。

詳しい方の話によると、これからは根に栄養をためてゆき、
葉は枯れてゆく一方なのだそうです。
担当が毎日手塩にかけて水やりをしていたのに、残念でなりません。

枯れてきた葉
枯れてきた葉

図書館の屋上は日照りが強すぎるために元気が無くなってしまったなど、
諸説はあります。

今年の大賀ハス日誌は、今回が最後になります。

来年こそは綺麗な花を見せてくれることを
担当一同、期待しています。

2010年8月2日

ぬかよろこび

7月10日 蓮根1号に蕾が出ました!!
昨年は蕾も花も見ることができなかったので、なんとか花を咲かせたい。
7月10日蕾

7月14日 茎の長さは水面から18cmになっています。
薄いピンク色が可愛らしい。
7月14日蕾

7月15日 ご来館の皆様にもご覧いただけるよう中央図書館5階学習室横のテラス前に鉢を移動しました。
7月15日移動中

中央図書館のテラスです。
風が気持ちいいので、是非休憩に出てみてください。
蓮の蕾は目を凝らさないとわからないほど、小さいですね。
中央図書館テラス

今年はきれいな花が見られると担当一同、開花を心待ちにしていたのですが、
7月19日異変が...
蕾がピンク色でなく薄茶色になっていました。茎も心なし弱っています。
何が原因なのか?
回復してくれるよう、かすかな期待を持っていたのですが...
7月19日蕾

7月22日 蕾は完全に枯死してしまいました。とても残念です。
梅雨明けした17日から、猛暑とも言える暑さが続いたためでしょうか。
いまのところほかに蕾は見あたりません。
泣く泣く鉢は元の位置に戻しました。
7月22日蕾のドライフラワー

花の写真を皆様にお見せできると思っていたのに、蕾のドライフラワーをお見せするような結末が待っていたなんて。
蓮世話係りのNさんは「息子がぐれてしまったような気分です」と泣いておりました。

2010年7月22日

6月の蓮の様子

6月に入ると浮き葉が茂り、鉢の水面が見えないほどになってきました。

6月18日巻き葉
そして、こんなかわいい葉っぱを発見!!
立ち葉になろうとしている、まだ葉を広げる前の巻き葉は上から見るとハートの形。
間近で育てているからこそ見られるかわいい葉っぱです。

6月18日 もう、浮き葉が何枚と数えられないほど増えています。
種2号には立ち葉も2本見えます。

6月18日蓮根1号
蓮根1号

6月18日種2号
種2号

6月21日 蓮根1号にも立ち葉になりそうな巻き葉が出ました。
種2号はかわいい立ち葉が4枚出ました。

6月21日蓮根1号
蓮根1号

6月21日種2号
種2号


そして、21日も巻き葉の観察。
上から見た巻き葉
上から見た巻き葉。

左側から見た巻き葉
左側から見た巻き葉。

真正面から見た巻き葉
真正面から見た巻き葉はハートの形。


同じ葉っぱでも角度によって、こんなに表情が違います。
さて、肝心の花芽はというとまだ6月はみつからなかったのです。

6月28日郷土の森公園の修景池を通りかかった職員が写真を撮ってきてくれました。
広い池でのびのび育つ蓮たちが元気に咲いています。

6月28日修景池の蓮

6月28日修景池の蓮


7月に入りました。
日本各地で咲いている蓮の花がテレビニュースで流れたり、
新聞の紙面をにぎわせているのを見るたびに溜息をついていたのですが、
とうとう7月10日に蕾発見のニュースが図書館にも流れました。
成長が遅れていると思っていた蓮根1号のほうに1つ花芽が伸びてきました。
次回は花の写真をご紹介できると思いますので、お楽しみに。


ところで、中央図書館で蓮の本特集をしていたのですが、皆様ご覧になられたでしょうか?


中央図書館特集棚

「蓮を観る会」50回記念を祝して、中央図書館では3階特集棚コーナーにて
特集展示「夏の花・蓮」を6月23日から7月19日まで行いました。

展示終了後は中央図書館4階特別コレクション「大賀一郎博士・ハス」
コーナーにて資料をご覧いただけますので、是非お立ち寄りください。

2010年7月15日

府中市郷土の森博物館の企画展「蓮の画帳」のお知らせ

毎年、府中市郷土の森博物館では、蓮の花の時期に「百蓮譜」をはじめとする大賀一郎博士の遺品を展示してきました。今年は企画展となり、広い展示スペースを使って、ゆったりと美しい蓮の絵を観賞できるようになりました。
修景池まで足を伸ばせば、本物の大賀蓮を見ることもできます。

府中市郷土の森博物館の企画展「蓮の画帳」ポスター

※ポスターをクリックすると別ウィンドウで拡大版を表示します。


企画展 蓮の画帳
   -大賀一郎博士の遺品から ~百蓮譜~

会期

7/3(土)~9/5(日)
※休館日 7/5・12(月)、8/9(月)

開館時間

9時~17時(入場は16時まで)

会場

府中市郷土の森博物館 本館2階企画展示室

観覧料

無料(入場料が別途必要です)

問い合わせ

府中市郷土の森博物館
TEL 042-368-7921(代表)

府中市郷土の森博物館HP

http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/index.html

2010年6月23日

昭和34年(1959年)から始まった観蓮会も今年でなんと50回目。夏の朝の一時を蓮花とともに過ごしませんか。

第50回記念「蓮を観る会」ポスター

※ポスターをクリックすると別ウィンドウでPDFを表示します。


第50回「蓮を観る会」

日時

7月2日(金曜日)から4日(日曜日)
午前7時から9時(荒天中止)

会場

郷土の森公園 修景池(矢崎町5丁目5番地)

内容

  • 花蓮の観賞
  • 花蓮の種、ポスターの配布(各日先着50人)
  • ガイドブック、花蓮の絵ハガキの販売

花蓮の解説と大賀一郎博士の紹介

日時

7月3日(土曜日)・4日(日曜日)
午前7時30分から8時30分

会場

郷土の森公園 修景池

講師

箱田 直紀氏(恵泉女学園大学名誉教授)

問合せ

府中市水と緑事業本部公園緑地課 (電話:042-335-4315)

2010年6月10日

5月の蓮の様子

4月、水面下にあった新芽はその後どうなったでしょうか?
大太鼓が鳴り響いていた5月5日。くらやみ祭り当日の蓮です。
この日はよく晴れて、まるで夏のような陽気でした。

5月5日蓮根1号鉢
蓮根1号は葉っぱが開きかけています。


5月5日蓮根1号の芽

右側の芽をズームアップしてみましょう。
5月3日は水面下にいたのに、2日後の5日はもう水面上まで伸びていました。
ものすごいスピードで成長しているようです。



5月5日蓮根1号の葉
5月5日蓮根1号の葉

不思議と赤い大賀ハスの葉っぱ。葉脈も赤いのです。



5月5日種2号鉢
5月5日種2号の緑の葉

こちらは種2号の鉢です。
5月5日に3枚の葉が完全に開きました。生まれたての葉っぱです。
色も緑になりましたよ。

そして、5月半ば。

5月13日蓮鉢と富士山
5月13日、蓮の鉢と富士山を一緒に撮影することに成功しました!!


5月13日蓮根1号
蓮根1号 浮き葉が5枚。

5月13日種2号
種2号 浮き葉が8枚。



気になるのは小さな謎の生き物。なんだかたくさん鉢の中を泳いでいます。
そして、水がかなり茶色く濁ってしまいました。
その後、仕事時間の合間を縫って、水の全取替えを行い、今年2度目の肥料やりもしました。

その甲斐あってか、5月25日には...


5月25日蓮根1号
蓮根1号 浮き葉が10枚。

5月25日種2号
種2号 浮き葉が15枚



葉っぱが増えただけではなく、大きくなったのを感じます。
それでも、春先の天候不順の影響でしょうか。
去年の今頃と比べるとかなり少ない状況です。

まだとても小さいけれど、6月にはもっと勢いよく成長してくれることを期待しています。

2010年4月7日

東京では3月21日に開花宣言が出た染井吉野。
ここ多摩地域、府中での開花は1日遅れの3月22日でした。

中央図書館と染井吉野

開花後、冬に逆戻りしたかのような寒さが続きましたが、
新年度が始まった4月1日。
風は強かったけれど、陽が差したため、春の陽気が戻ってきました。
中央図書館の前、桜通りはすっかり桜のトンネルです。

桜通り

蓮の鉢も春の陽ざしを浴びて、嬉しそう。

蓮根1号
蓮根1号は3月29日に新芽発見。

種2号
種2号は4月1日に新芽発見。



種2号の新芽
中央あたりをよ~く見てください。種2号の新芽です。
ちゃんと土の中で蓮根は生きていました。
今年は咲くかな?

2010年3月23日

蓮の植え替え

去年の夏は残念なことに咲かずに終わった大賀蓮。
もしかしたら、昨年植え替えをしなかったせいかもしれません。

中央図書館で1号と呼んでいる蓮根から育てている大賀蓮は
3月22日に満3歳となりました。

中央図書館で2号と呼んでいる種から育てている大賀蓮は
5月7日に満3歳。
白糸台図書館で種から育てている大賀蓮は5月8日に満3歳。

今年は栽培4年目になります。

図書館屋上から見える富士山
風は強いけれど、よく晴れた3月11日。
朝、蓮を置いている屋上では、ビルの隙間から富士山も見えました。
2日前には雪が降ったのが嘘のような青空。
お天気に恵まれたこの日、蓮の分根をすることにしました。

屋上から鉢を降ろし、地下の駐車場まで運び、車に乗せるのも一苦労です。
植え替えは今回も浅間山麓、水と緑事業本部が保存のために蓮を育てている
場所にて行いました。

オオイヌノフグリの花

浅間山の雑木林


足元にはオオイヌノフグリの花が咲いていましたが、
浅間山の雑木林はまだ冬模様。

蓮の鉢をひっくり返す
蓮の鉢をひっくり返すと...

蓮根
立派な蓮根ができていた!!
これは1号(蓮根から育てている大賀蓮)。

蓮根取り出し作業
泥の中から、そっと芽を傷つけないように蓮根を取り出すのですが
これがなかなか難しい。

水洗いした蓮根
水洗いすると、ぴかぴかの蓮根となりました。
さて、ここからがまた大仕事。
土の山にスコップを立てて、鉢に新しい土を入れます。

土を掘る

土を掘る
今回は大人数なので、流れ作業もスムーズ。
肥料も入れて、ではいよいよ蓮根を土の中へ。

蓮根を鉢の中へ
蓮根から育ててもうすぐ3年の1号は太い蓮根。

種から育てた蓮根を鉢の中へ
種から育てて2年10ヶ月の白糸台図書館の蓮根はちょっと細い。

中央図書館の鉢

白糸台図書館の鉢


左は中央図書館の鉢。水を鉢いっぱいに入れます。
右は白糸台図書館の鉢。こちらにもカラス除けネットをつけました。

今年から中央は鉢を1つ減らし、2鉢育てることにしました。
その分、手間隙かけて大事に育てますからね。
今年はどうか咲きますように。

Copyright © Fuchu City Library 2005-2012. All rights reserved.

ENGLISH 中文 ハングル