ナビゲーションを飛ばして本文へ移動します。クリックしてください。

府中市立図書館

HOME > 図書館について > よくある質問 > よくある質問

よくある質問

図書館の利用に関する質問

利用登録について

Q: 図書館は誰でも入れますか?

A: 入れます。図書館資料の閲覧のみであれば、市外の方でも可能です。

Q: 図書館で資料を借りるにはどうすればいいですか?

A: 図書館利用カードをつくる必要があります。市内全図書館で申し込みできますので、ご本人が来館ください。その際、利用資格の確認をさせていただきますので、府中市内に居住している方、相互利用(八王子市・調布市・町田市・日野市・多摩市・稲城市・国分寺市・小金井市・国立市)の方は住所の確認できる身分証(運転免許証、保険証、パスポートなど)を、府中市に在勤の方は勤務先の住所が記載されているもの(社員証、勤務証明書など)と住所の確認できる身分証を、府中市に在学の方は学校の住所が記載されているもの(学生証)と住所の確認できる身分証をお持ちください。

Q: 図書館利用カードは何歳から作れますか?

A: 0歳から作成できます。保険証をお持ちください。

Q: 家族の図書館利用カードは作れますか?

A: 原則、ご本人の来館に限らせて頂きます。ただし、来館が困難な場合はお問合せください。

Q: 住所や電話番号が変わったときはどうすればいいですか?

A: 登録事項の変更をお願いします。図書館に所定の用紙がございますので、そちらにご記入ください。また、変更事項の確認できる書類(身分証等)をお持ちください。

Q: 図書館利用カードを紛失したときは、どうすればいいですか?

A: 手続きの上、新しいカードを再発行します。利用カードを紛失しないよう、ご注意ください。

Q: 転出のため使わなくなる図書館利用カードはどうすればいいですか?

A: 貸出中の資料、予約中の資料がないことを確認の上、お近くの図書館までご返却ください。図書館に来館できない方は、図書館にご連絡の上、ハサミで切ってからゴミとして破棄してください。

Q: 図書館利用カードで、生涯学習センター図書館にある機材は借りられますか?

  (視聴覚ライブラリーは平成26年3月31日をもって廃止します。)

A: できません。生涯学習センター図書館にある、視聴覚ライブラリーの機材、または教材(ビデオ・DVD・16ミリフィルム等)を借りるためには、「視聴覚教材・機材使用申込書」に記入し、申請する必要があります。用紙は生涯学習センター図書館にありますので、お問合せください。

Q: 図書館利用カードに有効期限はありますか?

A: 5年ごとに更新手続が必要です。利用資格の確認をさせていただきますので、府中市内に居住している方、相互利用(八王子市民・調布市民・町田市民・日野市民・国分寺市民・多摩市民・稲城市民・小金井市民・国立市民)の方は住所の確認できる身分証(運転免許証、保険証、パスポートなど)を、府中市に在勤の方は勤務先の住所が記載されているもの(社員証、勤務証明書など)と住所の確認できる身分証を、府中市に在学の方は学校の住所が記載されているもの(学生証)と住所の確認できる身分証をお持ちください。

貸出・返却について

Q: 借りている資料の貸出期間の延長はできますか?

A: 図書・雑誌は貸出期間の延長が可能です。貸出期限内であり、次に予約の入っていない資料に限り、連絡を受けた日から2週間の延長を2回まで可能です。視聴覚資料や相互貸借資料(他自治体からの借用資料)、その他一部資料など延長のできないものもあります。貸出延長の手続は、図書館カウンター、図書館のホームページ、資料検索端末(OPAC)、電話で行なうことができます。

Q: 他の図書館にある資料を借りることはできますか?市外の図書館からも借りられますか?

A: 可能です。いずれも予約(リクエスト)という手続きが必要です。リクエスト(予約)カードへ記入の上、カウンターにお申し出ください。府中市の図書館にある資料は、図書館のホームページやOPAC(利用者用開放端末)からの予約も可能です。所蔵がない資料の場合、市外の図書館から本を借り、府中市の図書館から貸出しをすることができます(視聴覚資料は対象外)。その際、資料が準備できるまで時間がかかりますのでご了承ください。

Q: 借りた図書館以外でも返却することはできますか?

A: 市内のどの図書館でも(借りた館と違う館でも)返却できます。ただし、府中市で貸出しした資料に限ります。

Q: 夜間などの図書館が閉まっているときに本を返却する方法はありますか?

A: ブックポスト(返却用ポスト)がありますので、そちらにご返却ください。ただし、年末年始及び長期休館中は、ブックポストを閉鎖する期間があります。その間は、ご自宅で保管いただくようお願いします。(事前にお知らせいたします。) なお、視聴覚資料は壊れやすいため、開館時にカウンターへご返却ください。

Q: 返却が遅れた場合、ペナルティなどはありますか?

A: 長期延滞資料がある場合、貸出等のサービスをご利用いただけなくなりますので、ご注意ください。

資料の紛失・破損などについて

Q: 借りていた資料をなくしてしまいました。どうすればいいですか?

A: 図書館にご来館の上、ご相談ください。

Q: 借りてきたビデオテープが切れてしまいました。どうすればいいですか?

A: 図書館にご来館の上、ご相談ください。

Q: 借りてきた本に、ページが破れているところがありました。どうすればいいですか?

A: ご自宅で修理はせず、そのままご返却ください。ご返却時に声をかけていただけると有り難いです。

Q: 弁償の済んでいない資料がある場合、他の資料は借りられませんか?

A: 借りることはできます。ただし、一定期間弁償されないままですと、貸出停止となりますのでご注意ください。

開館時間・休館日について

Q: 中央図書館は毎月第3火曜日は休みですか?

A: 第3月曜日とその翌日の火曜日が休みとなりますので、必ずしも第3火曜日が休みとは限りません。詳しくは図書館カレンダーをご覧ください。

場所・交通手段について

Q: 各図書館へはどのように行ったらいいですか?

A: こちらの地図をご覧ください。

Q: 駐車場はありますか?

A: 中央図書館、生涯学習センター図書館には駐車場がございます。中央図書館は1時間100円(30分以内無料)、生涯学習センター図書館は1回100円ですが、いずれも複合施設のため、なるべく車での来館はご遠慮ください。地区図書館への車での来館はご遠慮ください。

Q: 駐輪場はありますか?

A: 全館に駐輪場がございます。どうぞご利用ください。

拾得物などについて

Q: 図書館で落し物を拾いましたが、どうすればいいですか?

A:お近くのカウンターのスタッフにお渡しください。所有者に返還または、警察に届けます。なお、拾われた方がご希望された場合は、「拾得物預り書」を発行します。

館内設備の利用に関する質問

閲覧席・読書室・学習室について

Q: 読書や学習のできる場所はありますか?

A: 中央図書館の3階と、生涯学習センター図書館には読書室があり、机と椅子を備えた読書環境を整えています。中央図書館5階には学習室があり、図書館資料や持込による学習スペースを提供します。また、その他にも開架スペースに椅子やテーブルを設置し、資料を自由に閲覧できるようになっています。

Q: 読書席や学習室は誰でも利用が可能ですか?予約はできますか?

A: 中央図書館の読書席はどなたでもご利用いただけます。生涯学習センター図書館の読書室と中央図書館の学習室の利用には申込みが必要です。詳細はそれぞれ読書室学習室をご覧ください。

パソコンの利用について

Q: 利用時間、制限はありますか?

A: 中央図書館にはインターネット検索コーナーおよびデータベース検索コーナーがあります。利用は、いずれも1回1時間以内とします。どなたでもご利用いただけます。

Q: 持ち込んだパソコンを利用できる場所はありますか?

A: 中央図書館の学習室と生涯学習センター図書館の読書室に、パソコンや電卓等の使用可能席があります。これらの機器を使用される方は、受付時に申し出ください。

Q: 電源の使用は可能ですか?

A: 中央図書館では、使用可能です。受付に声をおかけください。

コピーサービスについて

Q: 本を丸々1冊コピーすることはできますか?

A: 著作権法上、著作権の保護期間中の資料を図書館で複写する場合、その範囲は資料の一部分に限られていますので、丸々1冊コピーすることはできません。

Q: 一人で2部コピーすることはできますか?

A: できません。著作権法上、図書館での複写は一人1部に限られています。

Q: 当日の新聞をコピーすることはできますか?

A: できません。著作権に配慮し、新聞と雑誌の最新号については、コピーをお断りしています。

Q: 楽譜をコピーすることはできますか?

A: 著作権の保護期間内のものについては、作品(一曲)の一部分しかコピーできません。

Q: 住宅地図をコピーすることはできますか?

A: 見開きで一つの著作物として見なしますので、その一部分に限りコピーすることが可能です。

施設・設備について

Q: 視聴席は誰でも利用できますか?予約できますか?

A: どなたでもご利用いただけます。満席時には、府中市に居住、通勤、通学をしている方に限り予約を可能とし、そのほかの方は空席の場合に限り利用可能です。

Q: 授乳室やおむつ交換のできる場所はありますか?

A: 中央図書館の3階児童室に授乳室があり、おむつ交換のできるベッドもありますのでご利用ください。他の図書館に授乳室はありませんが、文化センター・生涯学習センター内のだれでもトイレをご利用ください。

Q: 公衆電話はありますか?

A: 中央図書館の3階に公衆電話があり、3・4階には携帯電話BOXがあります。地区図書館内に公衆電話はありませんが、各文化センター・生涯学習センター内にある公衆電話をお使いください。

資料の利用に関する質問

資料の探し方について

Q: 資料を探すにはどうしたらいいですか?

A: 図書館内にある資料検索端末(OPAC)または図書館のホームページで、タイトル(題名)やジャンルから資料を探すことができます。また、出版年や分類による絞り込みも可能です。操作方法等ご不明な点は、カウンター職員にお尋ねください。

Q: 請求記号とは何ですか?

A: 図書館資料の背についているラベルの記号です。原則として日本図書館協会の定める日本十進分類法(NDC)による分類と、図書記号(カタカナ1文字)から成っています。資料検索端末(OPAC)で探した資料について、検索結果が印刷でき、請求記号が表示されますので、それを元に資料をお探しください。見つからない場合は、カウンター職員にお尋ねください。

お尋ねの多い資料について

Q: 雑誌はありますか?

A: 府中市の全図書館で、およそ620タイトルの雑誌を所蔵しております。著作権に配慮し、予約・貸出開始は原則として次号が刊行されてからとなります。

Q: 新聞はありますか?古いものはありますか?

A: 府中市内全図書館で、55紙(タイトル)の新聞を所蔵しています。中央図書館には、専門新聞や外字新聞もありますので、ご利用ください。また、一般紙については、縮刷版やマイクロフィルムの形態で昭和初期(一部明治中期)のものから記事が見られるようになっています。なお、中央図書館の4階データベース検索コーナーでは、明治以降の読売新聞、戦後の朝日新聞の記事データベースがご利用いただけます。

Q: 官報はありますか?

A: 中央図書館に所蔵しています。古いものはマイクロフィルムで明治16年から保存しています。なお、中央図書館の4階データベース検索コーナーでは、官報データベースがご利用いただけます。

Q: 住宅地図はありますか?

A: 東京都内の住宅地図を所蔵しています。貸出しできるものもあります。なお、図書館での住宅地図の複写は、著作権に配慮して見開き1ページの半分以下の範囲でお願いします。

Q: 電話帳はありますか?

A: 中央図書館では全国のハローページ、タウンページを所蔵しています。

Q: 所蔵場所が「書庫」「閉架」となっている資料を借りることはできますか?

A: 可能です。カウンター職員にお声がけください。中央図書館の自動出納書庫に入っている資料は、3~5分ほどで提供いたします。

Q: 教科書はありますか?

A: 中央図書館児童室で、現在府中市内の公立小中学校で使用している教科書をご覧いただけます。

予約(リクエスト)について

Q: 全ての資料に予約が可能ですか?

A: 禁帯出資料、雑誌の最新号、新聞記事等、一部予約不可能な資料があります。また、図書館のホームページ・資料検索端末(OPAC)からは未所蔵資料への予約はできません。

Q: 上下巻資料、シリーズものなどを順番に見たい時は、どのように予約すればよいですか?

A: 図書館のホームページや資料検索端末(OPAC)から予約の場合、資料を準備する順番の指定ができます。順番予約を選択し、ご利用ください。

Q: 資料の受取館を変更したい場合はどうしたらいいですか?

A: 資料が準備できるまでの間であれば、図書館のホームページや資料検索端末(OPAC)から受取館を変更することができます。資料が準備できてから受取館の変更を希望される場合は、図書館までご連絡ください。

Q: 予約をキャンセルしたい場合はどうすればいいですか?

A: 一部資料(順番予約をされた資料や他自治体から借用した資料など)を除き、資料が準備できるまでの間であれば、図書館ホームページや資料検索端末(OPAC)から予約をキャンセルすることができます。「取消」ボタンの表示されていない資料のキャンセルを希望される場合は、図書館までご連絡ください。

Q: 図書館にない資料の購入希望を出すことはできますか?

A: リクエスト(予約)カードに記入の上、カウンター職員にお申し出ください。購入を検討させていただきます。視聴覚資料(映像)の場合、図書館用として貸出できる著作権許諾を得ている資料しか購入することはできません。購入できない場合でも、視聴覚資料以外は他自治体から資料を借用し提供できるよう努めています。

Q: 話題の新刊などはインターネットで予約していますが、予約の順位が変わってしまうことがあるのはなぜでしょうか?

A: インターネット・館内OPACで予約された場合は、お客様の入力により予約が完了しますが、電話やリクエストカード等で予約された場合は、職員が受付日時を正確に記録し、予約入力を行っているためです。いずれの方法であっても、予約日時の順番となっております。

Q: 雑誌の予約・貸出はいつからですか?

A: 雑誌の予約申込みは、予約開始日の午前9時から受付けます。
貸出は所蔵館の貸出開始日、午前9時から来館者優先になります。

Q: メールアドレスを登録しましたが、図書館からメールが届きません。

A: 登録したアドレスが間違っていたり、受信拒否の設定になっていたり等、様々な原因が考えられます。詳しくはこちら(PDF)をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerを使用することにより
ご覧いただくことができます。
Adobe Readerは Adobe社ホームページから無償でダウンロードできます。

Q: 図書館からもらったインターネット予約サービスのパスワードを、忘れてしまった場合はどうしたらいいですか?

A: お手数ですが、図書館利用カードをご持参の上、図書館の窓口でパスワードの再発行手続きを行ってください(中央図書館は9時から19時まで、その他の図書館は開館時間内)。

その他

Q: 館内放送で呼出をしてほしいのですが、できますか?

A: 緊急の場合に限り、お呼び出しすることが可能です。

Q: 本を寄贈したいのですが。

A: 原則、府中市民からの寄贈をお受けしています。

Q: 以前に自分の借りた資料の一覧を見たい

A: 資料を返却された時点で、それまでに借りていた資料の情報は削除されます。遡って履歴を見ることはできません。

Q: 図書館の本を譲ってほしい

A: 図書館で不要になった図書は、リサイクルという形で市民の方に提供しています。一般書は、ルミエール府中1階にあるリサイクルコーナーで随時提供します。雑誌等の提供方法は広報等でお知らせします。

Q: 図書館でボランティアをしたい

A: 現在図書館では、読み聞かせ・対面朗読・宅配の3つの事業でボランティアの方と協働で活動をおこなっています。広報等に講座の開催や募集のお知らせを掲載しますが、ご不明な点は中央図書館へお問合せください。

Copyright © Fuchu City Library 2005-2012. All rights reserved.

ENGLISH 中文 ハングル